新型コロナウイルスの流行によって加速する保険会社のクラウド移行
コロナウイルス, 保険 , 記事 , クラウド

2020年8月18日

新型コロナウイルスの流行によって加速する保険会社のクラウド移行

保険業界は、クラウドの導入という点では、他のほとんどの業界から遅れをとっています。保険業界で長い歴史を持つコンサルティング会社として、私たちはこのことを肌で感じてきました。

過去10年間、クラウドはほぼ全ての業界で注目の的となっています。調査会社は、全世界的な動きとして企業のIT支出には減少が見られる一方で、2020年にはパブリッククラウドサービスが成長すると予測しています。

この10年間を振り返ると、初期の頃はネットワークやデータのセキュリティ問題を懸念して、保険会社はクラウドの利用に乗り気ではありませんでした。その後、クラウド業界は大幅に成熟し、様々なクラウドネイティブのサービスやテクノロジーによって、クラウドサービスの復旧力とセキュリティは大きく強化されています。クラウドの導入率とそれに関する統計も、最も監査が厳しくガバナンスが強い業界にとっても、ガバナンスとセキュリティに関するリスクは脅威ではなくなってきていることを示しています。2018年から2019年の調査によると、ヨーロッパの保険業界のCIOがクラウド使用の大幅な拡大を検討している割合は、IaaS(50%)、PaaS(57%)、SaaS(57%)と軒並み増加しています(出典:セレント)。

クラウド・プロバイダーやサービスが主流になるにつれ、保険会社はセキュリティーについての懸念を払拭し、クラウド・サービスを導入し、そのパワーと柔軟性を活用するできるようになったのです。

新型コロナウイルスの流行により、保険会社内のITへの支出の優先順位が大きく変化しています。雇用や投資の凍結が広く行われ、彼らは新たな活動を慎重に選択しようとしています。一方で、ITへの支出を凍結してはいるが、ITインフラをクラウドに移行しようとする保険会社が増加しています。

ここからは、実際に保険会社で行われているクラウドに関連する施策についてご紹介します。

短期的な施策 

APACとEMEA地域の損害保険会社の約半数が、事業戦略の再編成のため優先度の高いシステム投資に注力し、デジタル/バーチャル分野を強化するという短期的な施策を講じています(出典:セレント)。また、外出自粛やソーシャルディスタンス対策により、社内外のビジネスプロセスを遂行する際のオンライン機能とリモート・インタラクションの重要性が一層注目されています。 

長期的な施策 

セレントが行った調査では、多くの損害保険会社が長期的に取り組んでいる3つの重要な取り組みが挙げられています。

  • 在宅勤務の割合を高める(76%)
  • デジタルトランスフォーメーションプログラムの加速(53%)
  • コスト封じ込め戦略の策定(47%)

このような最重要課題に対応したソリューションを各種クラウドサービスが提供しており、保険業界ではクラウドの活用が真っ先に検討されるようになってきています。

長期的な施策を実行するために、クラウドは様々な形をとることができます。

 

リモート環境整備のためのクラウド

従来、仮想デスクトップでの運用にはオンプレミスのサーバーと古いVDI(Virtual Desktop Infrastructure)が必要でした。これらのサーバの保守・運用には、かなりの時間と作業が必要とされました。また、パフォーマンスはこれらの内部サーバーの容量に制限されており、トラフィックが急激に増加するとこれらのサーバーに負荷がかかり、エンドユーザーに深刻な影響を与えていました。リソースの割り当ても非効率的で、その場しのぎの設定変更や、常に手動で監視する必要があり、かなりの時間がかかっていました。

クラウドベースの仮想デスクトップ・インフラストラクチャを利用することで、企業はクラウド技術の柔軟性、拡張性、セキュリティの利点を活用することができます。

まず、クラウドVDIのリモートアクセスと集中管理の特性により、ビジネスコストを大幅に削減することができます。オンプレミスとパブリッククラウドVDIを比較した大規模な研究論文では、コスト削減、スタッフの生産性、ユーザーの生産性向上などのビジネス価値の向上が予測されており、ユーザー1人あたり年間2,015米ドルの利益が得られるとしています(出典:IDC)。サポートスタッフは、出張することなく、どこにいてもリモートでインシデントに対応することができます。ソフトウェアやオペレーティングシステムのアップデートやパッチは、個々のデバイスに対応する必要がなく、集中的に適用することができます。また、これらのリソースへのアクセスは、開発者、代理店、再保険者など、エンドユーザーの資格情報や役割を考慮して自動化することができます。

次に、クラウドインフラストラクチャのパフォーマンス容量は効率的で、実際には無限大です。テクノロジーが成長したこで、ワーク・フロム・ホーム(WFH)の取り組みが増える度にワークロードは重くなります。インフラストラクチャがこれらのパフォーマンス要件に合わせて変化し、ソフトウェアライセンスを含むリソースの割り当てを適切に調整しながら、クラウドのコストはこれらのリソース要件に合わせて計算されます。これらの取り組みにより、保険会社は運用インフラの自動化を実現し、洗練されたスクリプトに頼ることができるようになり、サポートチームに負担が集中する事態を回避できるようになりました。

最後に、サイバー攻撃やデバイスの盗難が問題になることが少なくなりました。物理的なデータはデバイス上には存在せず、中央クラウドへのゲートウェイは、クラウド・インフラストラクチャ設計のベストプラクティスに従うことで、クラウド・ネイティブ・セキュリティ・サービスの膨大な選択肢によって補完され、保護することができます。最新のディザスタリカバリに関する戦略を適用すれば、データの損失を心配することなく、あらゆる種類の技術的な問題に効果的に対応することができます。コンプライアンスとガバナンスは、もはやクラウド導入をためらう言い訳にはなりません。

 

コスト管理のためのツールとしてのクラウド 

クラウドインフラは、適切に設定・管理されていれば、上昇するITコストを測定・管理できる機能を備えています。多くの企業がこの理由だけで、業務をクラウドに移行しています。クラウド移行のコストメリットとROIを真に理解するには、既存のアーキテクチャとITコストをしっかりと把握しておく必要があります。組織全体を綿密かつ広角的に見ることは、適切な把握をする上で、論理的なスタート地点と言えるでしょう。

サービスは、さまざまな統合や共有リソースが絡み合っていることが多く、インフラストラクチャのコストを詳細に評価することは非常に困難であることが考えられます。これは極めて一般的なことであり、最も成熟した先進的な組織であっても、すべてのITコストを詳細に把握し、追跡することは困難を伴います。また、CIOやIT部門は、これらのコストを適切に監督するための手段やツールを持っていないことが多くみられます。これらのコストを分析する能力がなければ、コストを最適化し、効果的に管理する能力はほとんどないと言っていいでしょう。新型コロナウイルスの流行が社内でのリモートワークやITリソースの需要を増加させていることから、これらの問題は今後より明らかになるでしょう。

この根深い問題を放置しておくことは、デジタルトランスフォーメーションに向けた進展を妨げることになります。クラウド・トランスフォーメーションの前に、意思決定者は、より高いレベルのコストの詳細を決定し、TCO(Total Cost of Ownership)計算機やその他の管理機能のようなクラウドツールを使用して、コストの可視化と追跡を可能にするものとしてクラウドへの移行をフレーム化しなければなりません。

 

デジタルトランスフォーメーションの入り口としてのクラウド 

デジタル化の文化は、微生物のように増殖するように成長することができます。

クラウドに関するあらゆるニュースを見てみると、クラウド市場には機械学習、AI、アナリティクスなどの最新技術が豊富にあることがすぐにわかるでしょう。新興のInsurTech企業でも、既存のクラウドソリューションに簡単に統合できるクラウド対応サービスやクラウドネイティブサービスを提供しています。多くの保険会社は、CRM、ERP、人事、クライアント向けポータルなどの周辺機能において、すでにクラウド化に着手しています。つまり、すでにクラウドは、新技術へのポータルとして効果的に機能しているのです。

保険会社が少しずつですが、クラウドへの取り組みを進めていることは私たちも含め誰しもが気付いているでしょう。独自のプライベートクラウドを構築したり、パブリッククラウドとプライベートクラウドを組み合わせたハイブリッド環境を構築したりしている保険会社もあります。これらは、クラウドへの移行を始めるための安全で効果的なステップです。損害保険会社は、コンプライアンスやセキュリティ関連のリスクや問題を回避するために、ハイブリッド環境を利用し、中央機能を社内に残すことを選択しています。

これらは確かに大きな成果ですが、一方で最も重要なワークロードやデータであっても、完全なクラウド化のメリットを見極める必要が出てきています。セキュリティ、コンプライアンス、ガバナンスの実現は、すべての企業が把握できる範囲内であり、クラウド上で改善することさえ可能です。クラウド移行の道筋がどこに立っているかに関わらず、クラウド移行の有形無形のメリットを理解するためには、綿密な分析と評価を行うことが常に必要です。

 

クラウドが市場のスタンダードになりつつあります。今すぐ行動しなければなりません。 

アメリカはメートル法への変換に失敗しました。NASAは1999年に誤った変換のために宇宙船を失い、その結果、1億2500万ドルの損失を出しました。もしもっと早く変換していれば、全体的なコストと労力はもっと低く、移行はもっと簡単になっていたでしょう。しかし、このような高いハードルにもかかわらず、NASAは2007年にメートル法に完全に移行しました。

NASAの例と同様に、ITシステムが複雑化し、データが蓄積されると、クラウドへの移行にはますますコストがかかるようになります。移行に必要な労力はますます大きくなります。

しかし、今からでも遅くはありません。

ソラーズは、お客様のクラウドへの移行を評価し、管理するお手伝いをいたします。お客様が新たな洞察を得て、ビジネスゴールにつながる様々な道筋を見出すことができるように支援します。ソラーズは、ヨーロッパの主要な保険会社と幅広く契約しており、クラウド移行や、コアシステムとクライアントインターフェースのコンテナ化された展開プラットフォームをサポートしています。クラウドのビジネスケースとアーキテクチャを徹底的に評価し、次世代のテクノロジーへの価値ある変革をご案内します。

 

筆者: シニアアナリスト 淵上 晋乃介

筆者はこれまで大手ベンダーへのコンサルティングや、保険会社プロジェクトにおけるQAリード、リリースマネージャー等を経験。

現在は主に、クラウドソリューションのコンサルティングを担当。