1. Homepage
  2. -
  3. ソラーズ、米アミカ社における保険料率算出システムのモダナイゼーションを支援、新システムの稼働開始
ソラーズ、米アミカ社における保険料率算出システムのモダナイゼーションを支援、新システムの稼働開始
4月 12, 2022

2022年4月12日ワルシャワ:金融業界のDXをビジネスアドバイザリーとシステム導入の両輪で支援するソラーズ・コンサルティング株式会社(本社所在地:ポーランド、マネージングパートナー兼共同創業者:ミハウ・トロヒムチュク、以下ソラーズ)とAmica Mutual Insurance Company(本社所在地:アメリカ、代表取締役:ロバート・A.・ディムッチョ、以下アミカ社)は、Guidewire PolicyCenterを導入し、本システムから算出された保険料率を元にした最初の商品の販売をもって、本格稼働を開始しました。これは、アミカ社が掲げるシステムのモダナイゼーションプロジェクトにおける画期的な一歩となります。新保険料率算出システムへの移行は、新商品の効率的で迅速な市場投入を可能にします。アジャイルによるプロジェクトマネジメントに加え、保険引受人やアクチュアリーおよびIT技術チーム間の緊密な連携が、プロジェクト成功の鍵となりました。

アミカ社は、米国市場におけるさらなる成長を目指し、新たな保険料率算出および価格設定モジュールの展開に踏み切りました。本プロジェクトは、同社の基幹業務システムのクラウド移行計画の一部でもあります。全ての商品区分で現行システムからGuidewire PolicyCenterへの移行を達成するため、リーン・アプローチをベースに、小単位でのリリースを重ね、現在では既に複数の商品において新システムが稼働しています。

ソラーズのミハウ・トロヒムチュクは次のようにコメントしています。「アミカ社のデジタル変革における重要な第一歩を心より祝福します。アミカ社の経営陣の方々は強力なデジタルビジョンをお持ちで、私たちソラーズがこの取り組みに貢献できることを光栄に思っています。今回のシステム刷新をもって、複雑な料率管理や保険契約査定を自動化することが可能となります。業務プロセスのスピードと成果物の質向上に多大な好影響をもたらすことでしょう。」

アミカ社 部長補佐のジョーナ・ナイ氏は、「ビジネスの成長に欠かせない洗練された新システムの導入をサポートいただいたソラーズチームの皆様に感謝します。」とコメントを寄せています。

米国で最も長い歴史を持つ自動車相互保険会社であるアミカ社は、予てより大規模なデジタル再編を計画しており、既存のレガシーシステムからの脱却は、主要商品の拡充やセルフマネージド型デプロイからの移行に並び、核となるプロジェクトの1つです。 アミカ社は、今回のシステム刷新により新商品導入における煩雑さの軽減と市場投入時間の短縮を実現しています。

トロヒムチュクは、「アミカ社は、激しい市場競争での優位性を保つために、数多くの取り組みを達成してきました。Guidewire PolicyCenterの導入は、米国49州にまたがる膨大な数の要件に対応するに当たり、迅速な新商品の展開および素早い保険料率算定による引受業務全体の効率化に貢献しています。アミカ社とソラーズの共同チームの素晴らしい成果に感謝しつつ、アミカ社との今後のさらなる協力関係を期待しています。」と述べます。

ナイ氏はさらに、次のようなコメントを残しています。「ソラーズのサポートは、本プロジェクトの成功に不可欠な存在でした。導入ソリューションを熟知しプロジェクトマネジメントに長けている同社のエキスパート達の献身的な貢献のおかげで、大変複雑なプロジェクトを完遂することができました。」

 

Amica Mutual Insurance Company について
Amica Mutual Insurance Companyは、米国で最も長い歴史を持つ直販型の自動車保険の相互保険会社様です。他にも住宅保険、生命保険、海上保険、アンブレラ保険および年金保険も取り扱っています。常にお客様に卓越したサービスを提供するという信念は、何千人もの従業員に共有され、実践されています。多くのお客様に安心をお届けし、これまでと変わらず今後もお客様の信頼に応えながら長期的な関係を築いていくことを使命とされています。
企業HP : Amica.com