デジタル変革で、販売、顧客サービス、会計、請求プロセスの完全自動化
ソラーズ , 事例紹介 , イノベーション, デジタル

お客様について

グローバル保険グループに属し、ポーランドでは最大手の自動車保険会社の一つです。お客様は、50の支店の会計・支払管理業務の一元化と自動化を目指す3年間の変革プロジェクトを開始されました。ソラーズはその過程において、詳細なプロセスデザイン、代理店向けフロントエンドの開発、そしてそれぞれの変更に応じた基幹業務システム側の変更処理とシステム連携を担当させていただきました。

 

プロジェクト目標

これまで、代理店での契約管理は紙文書のみで行われ、支払も主に現金で処理されていました。契約情報、支払履歴も全てが手作業でデータ入力されており、時間を大量に消費していたほか、顧客や代理店からの売掛金回収の問題も深刻化し、非効率で透明性に欠けたプロセスの改善が求められていました。プロジェクトの目標は、可能な限り業務プロセスをデジタル化、自動化することでした。特に重点を置いたのが、システム内で契約管理のぺーパーレス化、現金からカード支払いへの移行おして総勘定元帳管理と精算処理業務の完全自動化でした。

 

プロジェクト成果

初めに、代理店での個人向け自動車保険、財物保険および事故保険の販売と日次業務の基本的な運用に欠かせない部分のリリースから着手しました。その後、旅行保険と新しい自動車保険のパッケージを導入しました。機能的なスコープが拡張され、代理店用の請求機能も追加しました。そうすることで、各代理店はフロントエンドポータル内で、契約管理の他、顧客からの支払管理また保険会社からの販売手数料管理を一元化して行うことができるようになりました

代理店向けのシステムはTIAソリューションの基幹システムと連携されました。基幹システム側でデータ処理と保険料や手数料が算出され、フロントエンド側にはデータベースは置かず、基幹システムからデータを吸い上げ運用する仕組みにしました。こうして代理店側では、顧客のプロフィール、契約また見積履歴などの情報が包括的にポータル内で確認できるようになり、プロセスの透明性が向上しました。ソラーズは、代理店ポータルの表示画面のフローやデザインの設計を行い、販売、顧客サービス、会計、請求それぞれのプロセスの自動化と効率化を実現することができました。

See other case studies